薬剤師の転職

薬剤師さんが転職する理由って、いろいろとありますが、その根本的な理由は、「今の生活をよくしたい」ということでしょう。

一般的には「薬剤師」という国家資格を持っているので、「手に職」のイメージがありますが、実際には、病院や調剤薬局、さらには製薬会社などの「組織」に雇用されて働くので、普通の会社員が会社にやとわれて働くのと基本は同じです。

ただ、持っている資格を活かそうと考えると逆に就職先の選択が狭くなってしまう様に思われるようです。

なので、せっかく「薬剤師」の資格を持っていて大学病院に勤務していたのが結婚・出産を機に辞めた後、なかなか働き先が見つからないという悩みを抱えて、そのまま普通のスーパーのパートをしているといった方もいらっしゃいます。


薬剤師さんがうまく転職するには

薬剤師さんは、それでなくても普段の業務が忙しいので、転職活動もなかなかままなりません。

それでは、どうしたらよい転職ができるでしょうか?


一番の解決法は、薬剤師さん専門の転職サイトに登録して、転職のコンサルタントの人に相談することです。

自分一人ではなかなか解決できないからこそ、その専門家に相談するのが近道なんです。

薬剤師さん向けの転職サイトは、薬剤師さんに焦点を絞った求職情報が集まっています。

そういった求職先の情報は、個人ではなかなか集めることができません。

求職先の規模や求職の人数にもよりますが、転職サイトの運営会社の営業マンがその求職先の担当者とコンタクトして、どのような人材を募集しているのか直接聞いているケースもあります。


薬剤師のための転職サイトの見分け方

ただ、一口に薬剤師専門の転職サイトと言っても、たくさんあります。

どんな転職サイトでも良いでしょうか?

やはり下記のような点は確認したほうが良いでしょう。

  • 厚生労働大臣許可
  • 転職コンサルタントのサポートの有無とサポート内容
  • 転職条件の交渉
  • 面接の設定
  • 個人情報の保護の体制(プライバシーマークの取得など)

もちろん履歴書の作成や面談の受け答えのサポートなどは当然してくれるはずですが、それも確認しておきましょう。


転職サイトを使う理由

ところで、もう一度転職サイトに登録する理由を考えてみましょう。

それは、自分ではなかなかできない転職にまつわる様々な作業を補ってもらうためです。

ただ、もう一つ重要なことがあります。

求職者にとっては、働き甲斐のある職場を探してもらうこと。
求人側からすると、欲しい人材を紹介してもらうこと。

この両者のマッチングが重要です。

そのためには、求人側の会社の状況をよく認識しているだけではなく、
求職者であるあなたのことをよく知ってもらえることが重要です。

実は、これは、転職サイトというだけの問題ではなく、担当してくれる
コンサルタントさんとの相性的な問題もなるので、難しいのですが、
そもそも、転職サイト運営会社の姿勢が、数をこなすというのであれば、
なかなか難しいのです。


複数の転職サイトに登録する

そこで、まずは、複数の転職サイトに登録することをお勧めします。


そして、あなたが、そういう条件で働きたいと考えているのかを
良く整理しておくこともお勧めします。


重視するのが、収入なのか、勤務先の人間関係なのか、通勤距離なのか
当然、それぞれが重要なポイントですが、そのなかでも何を優先するのか。

こればかりはあなたしか決められないのです。